給付金訴訟とは

運営者

どうしてB型肝炎ウイルス給付金を受け取るためにわざわざ訴訟を起こさないといけないの?と不思議に感じた方も多いのではないでしょうか。多くの方がこの疑問を抱いてしまうと思いますし、そこがいまいち腑に落ちないという方も多いと思います。国はすでにかつての集団予防接種によってB型肝炎ウイルスが多くの人に感染したことを認めているわけですから、訴訟などせず素直に支払えばいいのに、と思った方も多いでしょう。しかし、B型肝炎ウイルスへの感染ルートは集団予防接種だけではありませんし、ほかの原因で感染している人もたくさんいます。

国が給付金支給を認めているのはあくまで過去に国が主導して行った集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった人だけです。そのほかの理由でB型肝炎ウイルスに感染した人については給付金を支払う必要はないと考えています。これは当然と言えば当然ですよね。そのため、本当に集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したかどうかを判断するために裁判で審議することにしました。そのために訴訟というプロセスが必要になるわけです。訴訟を起こすことによって裁判を始め、そこで明らかにしてもらって給付金を支払ってもらうという流れになります。


感染者への給付金

運営者

国はかつて行っていた集団予防接種によって多くの方がB型肝炎ウイルスに感染したことを認めています。国としても申し訳ないという気持ちがありましたし、感染してしまった方にお詫びの気持ちも込めて給付金を支給することにしたのです。それがB型肝炎訴訟給付金と呼ばれるものです。国が行っていた集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方に対して支払われる給付金で、訴訟を起こすことによって給付金を受け取ることができます。なお、受け取ることができる給付金の額は病態などによって変わりますから注意しましょう。

お金給付金が受け取れるのは一次感染者と二次感染者、そして遺族となります。すでに少しだけご説明したと思いますが、一次感染者というのは集団予防接種で直接的にB型肝炎ウイルスに感染した人のことを指します。二次感染者とは一次感染者から生まれてきた子どもなどですね。B型肝炎ウイルスに感染したまま亡くなってしまった方もたくさんいますが、このようなケースだと遺族が給付金を受け取ることができます。もう亡くなってしまったからと諦めず、訴訟を起こすことによって遺族に給付金が支払われます。亡くなった方に代わってきちんと給付金は受け取りましょう。