集団予防接種

運営者

先生子どもの頃に学校などで予防接種を受けたことがある、という方は多いと思います。予防接種を受けることによってあらかじめ病気を回避することが可能ですし、現在でもインフルエンザの予防接種のために病院に通っているという方もおられるのではないでしょうか。日本でも昭和23年から昭和63年までに集団予防接種を行っていたのですが、実はこのときの予防接種のやり方に問題がありました。先ほど、B型肝炎ウイルスは体液、血液などから感染するというお話をしたと思いますが、まさにそれが現実のものとなってしまったのです。

この頃の日本の医療レベルはまだそこまで高くありませんでしたし、感染対策なども十分ではありませんでした。集団予防接種においても当たり前のように注射器を使いまわしていましたし、ほかの人に使用した注射器を平気でほかの人にも使っていたのです。これによってどんどんB型肝炎ウイルスに感染する人が増えることになります。直接注射によって感染した一次感染者だけでなく、一次感染者から生まれた子どもにも感染する二次感染なども起きるようになりました。現在では注射器の使い回しなど絶対にありえないですが、当時はごく普通のことだったのです。