集団予防接種

運営者

先生子どもの頃に学校などで予防接種を受けたことがある、という方は多いと思います。予防接種を受けることによってあらかじめ病気を回避することが可能ですし、現在でもインフルエンザの予防接種のために病院に通っているという方もおられるのではないでしょうか。日本でも昭和23年から昭和63年までに集団予防接種を行っていたのですが、実はこのときの予防接種のやり方に問題がありました。先ほど、B型肝炎ウイルスは体液、血液などから感染するというお話をしたと思いますが、まさにそれが現実のものとなってしまったのです。

この頃の日本の医療レベルはまだそこまで高くありませんでしたし、感染対策なども十分ではありませんでした。集団予防接種においても当たり前のように注射器を使いまわしていましたし、ほかの人に使用した注射器を平気でほかの人にも使っていたのです。これによってどんどんB型肝炎ウイルスに感染する人が増えることになります。直接注射によって感染した一次感染者だけでなく、一次感染者から生まれた子どもにも感染する二次感染なども起きるようになりました。現在では注射器の使い回しなど絶対にありえないですが、当時はごく普通のことだったのです。


B型肝炎の怖さ

運営者

肝硬変肝細胞を破壊する恐ろしい病気の一つが肝炎です。あまりメジャーな病名ではないため知らない方、どのような病気なのか想像もできないという方もいるかもしれませんが、人間にとって肝臓がいかに重要な臓器であるかを理解している方ならその恐ろしさは理解できるでしょう。また、肝炎ウイルスに感染してしまうと肝硬変や肝がんといった病気に進行してしまう恐れもありますし、さまざまな症状を発症した結果死に至るということもあります。肝炎は決してバカにして良い病気ではありませんし、時に死に至らせてしまう恐ろしい病気だと認識しなくてはなりません。

B型肝炎という病気についてご存知の方もおられるでしょうが、これはB型肝炎ウイルスに感染することによって起きる肝炎です。B型肝炎ウイルスは血液や体液などから感染しますから、例えばほかの人に使用した注射器をそのまま別の人に使用するなどするとB型肝炎ウイルスに感染してしまう恐れがあります。「そんなバカなこと医療機関でやっていないでしょ」と思った方もおられるでしょうが、かつてそのバカなことが普通に行われていたのです。

人間の血液や体液から感染してしまう恐れのあるB型肝炎ウイルスですが、実は過去に予防接種で大量に感染者を出してしまった歴史があります。その時の過ちを国が認めて賠償金として支払っているのがB型肝炎訴訟給付金です。ここでは、過去に起きた集団予防接種によるB型肝炎の集団感染や訴訟、給付金などについてお話したいと思います。